<ZINEとDIY、そして旅について話そう>大川龍×青野利光(『SPECTATOR』編集長)

トークイベントのお知らせです。よろしくお願いします。

詳しくは動画をどうぞ。

※動画の電話番号が間違ってます。ごめんなさい。下四桁6111です◎

<ZINEとDIY、そして旅について話そう>

大川龍×青野利光(『SPECTATOR』編集長)

自然と遊ぶ。人を知る。旅を通して、日々考えていることを再確認していく。それは、自分で自分の道をさぐる、きもちのよい風。30人分の希望を綴った文集ZINE『HOPE BOOK』編集にたずさわり、ZINE『Henry’s Camper』ではアラスカでの旅の思い出を記録した、大川龍。聞き手には、雑誌『SPECTATOR』編集長青野利光氏を迎えて、楽しく、面白いZINEのつくり方、DIY、そして旅についてお話します。
日時・・・2016年 11月 19日(土) 19:30~

会場・・・ジュンク堂書店池袋本店 4F喫茶にて。

入場料・・・1,000円(ドリンク付)

定員・・・50名

受付・・・1階サービスコーナー、電話予約(03-5956-6111)承ります。

<大川龍(おおかわ りゅう)>

1984年生まれ。niseko.cityのメンバー。2013年アラスカ~カリフォルニア自転車サーフトリップ以降、冬は雪山で、夏は自転車で、日常と旅とを行ったり来たり。30人分の希望を綴った文集ZINE『HOPE BOOK』編集。2014年ハワイ諸島自転車トリップ。2015年メキシコ縦断自転車トリップ。2016年中米自転車トリップ。 今秋は北海道で家を自分で手直しながら暮らす予定。

<青野利光(あおの としみつ)>

1967年生まれ。エディトリアル・デパートメント代表。大学卒業後2年間の商社勤務を経て、学生時代から制作に関わっていたカルチャーマガジン『Bar-f-Out!』の専属スタッフとなる。1999年に『スペクテイター』を創刊。2000年、新会社を設立して同誌の編集・発行人となる。2011年からは活動の拠点を長野市へ移し、出版編集活動を継続中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする